五つ星取得事業

Home > 五つ星取得事業

食中毒発生情報

食の安心・安全・五つ星事業

一般社団法人静岡県食品衛生協会では、約230店舗が、公益社団法人日本食品衛生協会の「食の安心・安全・五つ星」を取得し、各店舗では、「プレート」を掲示しています。
本事業の詳細については、公益社団法人日本食品衛生協会のホームページでも掲載されています。

五つ星とは

食品衛生協会では、食品衛生協会の会員である食品等事業者が、安心で安全な食品を消費者の皆さまに提供するため、日々行っている衛生管理対策についての実施状況等を、プレート(「食の安心・安全・五つ星店」:A3サイズ)で店頭に掲示し、消費者の皆さまが食事をしたり、食品を購入する際の目安となるよう、本事業を実施しております。

衛生管理についての実施状況の確認(判定および☆シールの貼付)は、全国約50,000 名の食品衛生指導員が行っています。

五つ星とは

従事者の健康管理実施店

従業員から食品等を介して発生する食中毒等の発生防止に努めるため、年1 回以上健康診断および検便検査を受けている。

食品衛生講習会受講店

食中毒等の発生を未然に防ぐために、食品衛生管理記録簿に、日々の食品衛生に関する事項を記録している。

衛生害虫等の駆除対策実施店

食中毒防止等に努めるため、年1 回以上の食品衛生に関する講習会を受講し、年2 回以上の従業員への衛生教育を行っている。

食品衛生管理記録実施店

万が一の食中毒事故等に迅速に対応するため、対人補償金額が年間5,000 万円以上の食品賠償責任保険に加入している。

食品賠償責任保険加入店

衛生害虫等を媒介とした食中毒等の発生防止に努めるため、年2 回以上の衛生害虫等の駆除作業を行っている。

ページトップ